フルマネージド・ネットワーク・セキュリティサービス - sapphire(サファイア)

機能

ファイアウォール(FireWall)

ファイアウォール(FireWall)

不正アクセスから社内ネットワークを守ります。

sapphireのファイアウォールは、社内のネットワークの出入口で通信を制御し、インターネットからの不正アクセスから社内ネットワークを守ります。
sapphireがファイアウォールのソフトウェアやパッチのアップデートをフルマネージド(自動)で行うため、お客様側でのメンテナンスを必要とせず、新たな攻撃手法にも迅速に対応することができます。
また、ゲートウェイでのファイアウォールによって、社内のファイアウォールにおけるセキュリティ管理を統一的に行うことができます。

拠点間VPN

拠点間VPN

128ビットの強固な暗号化システムによる
高いセキュリティレベルでのVPN環境の構築。

sapphireを利用して拠点間の強固なVPN接続を簡単に実現することが可能です。128ビットの暗号化による高いセキュリティレベルで拠点間接続を行います。
フルマネージドサービスとして機器のレンタル、設定、運用から監視まで、費用に含まれているため、低コストにかつ迅速な運用を行うことが可能です。
拠点間接続における切断時に関しても24時間365日の監視体制を行っており、切断が発生した場合、再接続要求を行い、短時間で自動的に復旧する機能も備えています。

リモートアクセスVPN

リモートアクセスVPN

暗号化した安全な通信で
外部からクライアントアクセス。

sapphireを接続口として、リモートユーザからのVPN接続による社内ネットワークへのアクセスが簡単に実現できます。
VPNはPPTP、L2TPによって実現しており、Windows標準のVPNを利用できるため、特殊なソフトウェアの導入が必要なく、簡単に設定が可能です。
外出先や自宅からオフィスの社内LANに接続したり、少人数の拠点から本社などのネットワークにアクセスすることが可能です。

HA構成(ホットスタンバイ)

HA構成(ホットスタンバイ)

ホットスタンバイ構成により
障害時に自動でトラブルを回避。

sapphireを2台活用することで、ホットスタンバイ構成を構築することが可能です。
マスター機に機器故障が発生した場合、バックアップ機に通信を引き継ぐことができ、また、障害感知後に数十秒で切替が可能です。
また、ホットスタンバイ構成を構築するにあたって、月額オプション料金でのサービス提供となるため、sapphire2台分の費用をかけることなくご利用いただくことができます。

マルチホーミング

マルチホーミング

インターネット回線の冗長化を実現。

sapphireは複数のISP回線を接続することにより、インターネット回線の冗長化が可能です。
アクティブ/スタンバイでの冗長化を実現し、メイン回線の障害発生時の対応として、もう片方のバックアップ回線へ自動的に切り替えます。
回線の接続状況はsapphireで監視を行い、回線障害発生時や、回復時の切り替えを自動的に行います。